腐食して穴の開いた外壁を板金工事で修繕

施工 / 板金工事
場所 / 千葉県 習志野市,千葉市,市川市,船橋市,浦安市エリア
建物 / 木造二階建て 外壁板金工事

二階の押入れと壁が雨漏りしカビが発生

二階建て木造住宅にて、2階にある一室で押入れと壁に大きな雨染みがあり、普段使っていない部屋のため発見が遅くなりカビが発生してしまっていました。

久々にご実家に帰省されたご家族が不要品の整理をしていたところ、昔ご自身が使っていた部屋にある雨染みやカビ臭に気付き、当社まで雨漏り調査をご依頼いただきました。

当社へ連絡後、すみやかに荷物移動や壁の拭き掃除を行ったいただいたそうで、調査時には汚れや臭いは相談時に聞いていた状態よりも酷くはありませんでしたが、壁際には広範囲に雨染みが広がっている形跡がしっかり残っています。

雨漏り調査で原因箇所を発見

雨漏りしている外装北面を調査したところ、明らかに劣化してボロボロに腐食している箇所を見つけました。軒天と瓦棒葺きの間にある狭い壁部分です。ここはふつうは「外壁」である箇所が、腐った木が剥き出しの状態になっています。

もともと何か設置してあったのか、何かしらの補修をしたのか、何故このような状態で放置されていたのか家主様も覚えていないということでしたが、

大屋根(コロニアル屋根)や、ひさし屋根(瓦棒葺き屋根)など調べましたが、築年数にならい経年劣化はしているものの、原因は腐食して穴が開いてしまったような状態のまま放置されている箇所と判断しました。

表面の色褪せやコケがあり経年劣化していることが分かります。葺き替え屋根工事やカバー工法、屋根塗装をしてもいい時期ですね。

こちらの金属屋根にも色褪せや汚れがありますが、屋根や外壁を塗装する際に一緒に塗るくらいで考えていて問題ない状態です。

外壁腐食を部分的に板金工事して雨漏り解決

お客様へ屋根・外壁などの状態も伝えたうえで、今回は「できる限り部分的な修理で最短で解決したい」というご要望のため、軒天と瓦棒屋根の間にある狭い壁にピンポイントで板金を取り付けて穴を塞ぐ工事内容に決まりました。

作業をするにはスペースが足りないため、安全かつ確実に施工するため足場を設置します。

足場材と一緒に持ち込んだ「板金曲げ機」を使い、壁に設置する板金を現場で加工します。板金工場やホームセンターで買った材料を設置する職人は珍しくありませんが、現場で足場仮設と同時に板金加工する雨漏り修理屋は中々いないと思います。このように自社で幅広く柔軟に対応できる点も当社の強みです。

板金設置する箇所により、幅が違ったり歪な形だったりしますが、問題無く施工できます。

最後に、オマケで瓦棒屋根の細かい補修も。

瓦棒屋根の先端のキャップ(桟鼻)の付いてないところを見つけたため、その場で板金加工して取り付けました。

梅雨や台風シーズンに備えたい方はお気軽にご相談を

アメストップではご相談や無料調査だけでも喜んで対応いたしますのでお気軽にご相談ください。お住まいの雨漏り調査・修理の対応はもちろん、強風で破損してしまった外装修理や、たまにしか雨漏りしない場所の調査なども対応しており、実績も多数あります。

雨漏りにお悩みの方も、梅雨や台風に備えて気になる外装の修繕、屋根工事・塗装工事・防水工事などのご相談など、お気軽に当社アメストップまでご連絡ください。

施工実績 料金のご案内 よくあるご質問
施工実績 料金のご案内 よくあるご質問