スレート屋根の雨漏り修理(屋根重ね葺き・カバー工法)

施工内容 / スレート屋根を金属屋根で重ね葺き(カバー工法)
場所 / 千葉県 浦安市,市川市,習志野市,船橋市エリア
建物 / 一戸建て 木造2階建て

 

 

木造2階建ての雨漏り被害と原因調査

こちらは築25年ほどの木造住宅ですが、2F天井から雨漏りが発生。
「短時間の雨では雨漏りしないけど、雨が長時間降ったり豪雨の時には雨漏りしてしまう」とご相談いただきました。

 

 

雨漏り箇所の直ぐ上は屋根なので、さっそく屋根に上り調査開始。

 

このお住まいはスレート屋根でした。
スレート屋根とは、スレート瓦・カラーベスト・コロニアルともいわれる、最近の戸建て住宅では最もポピュラーな屋根材ですね。

 

 

新築から1度も屋根工事や塗装などのメンテナンスされていなかったこともあり、全体的に劣化して”コケ”や”屋根材の反り”も見られました。
屋根を歩いていても付着した汚れで足がズルズル滑ってしまう状態です。

 

 

スレート屋根は、表面が劣化してしまうと雨を弾くなり、ますます劣化は進みます。
さらに雨を弾かなくなった屋根は、濡れたままの状態が長くなるため”コケ”が発生しますし、劣化とともに徐々に反ってきてしまい、反りが悪化すると割れてしまうことも珍しくありません。

 

 

劣化した屋根に、塗装工事を希望する家主様や、提案する業者も少なくないと思いますが、アメストップでは雨漏りして尚且つスレートに反りがある屋根に塗装はお勧めしません。
なぜなら屋根平面部(平部)から雨漏りする場合、原因はルーフィングシート(屋根材の下に敷いてある防水シートのこと)の劣化が殆どですし、既に屋根材が反っていては造膜系の強い塗料を使っても、塗装だけでは根本的な解決に至らず耐用年数以上の雨漏り再発防止が期待できないためです。

 

※劣化防止・美観目的の定期メンテナンスとしての塗装は問題ありません◎

 

そこで今回は屋根の葺き替えをご提案させていただきました。
こちらのお住まいは、勾配天井で屋根裏(小屋裏・天井裏)の無い造りでした。

 

 

家主様も雨漏り修理について色々ネットで調べていたため「夏は2階が暑くてエアコンが効かない時もあって、せっかくだから雨漏り修理と一緒に屋根断熱もして欲しい」とご要望いただいたので、野地板の状態は悪くないことを確認したうえで、遮熱性鋼板と断熱材を用いた金属屋根材で”重ね葺き”について説明させていただきました。

 

屋根のカバー工法

重ね葺きとは、カバー工法とも言われ屋根修理の定番になりつつあり、既存の屋根の上からルーフィングシートと金属屋根材を被せる施工法です。

 

はじめに既存の棟板金(棟包み)を撤去します。
※既存の屋根材撤去は不要ですが、棟(屋根の面と面の接続部分)を包むパーツのみ撤去します。

 

 

次に下葺き材のルーフィング、そして役物(ケラバ~軒先、雨押え・水切りなどに使用される部材)の固定、平部の金属屋根と雪止めを取り付けていきます。

 

 

カバー工法で使う金属屋根の素材は“ガルバリウム鋼板”といって、軽くて錆びにくいため耐震性・耐久性に非常に優れています。
また金属のパーツを1つ1つ引っ掛けるように葺いて雨水の侵入を防ぐ仕組みになっています。

 

最後に棟板金(棟包み)を取り付けて工事は完了です。

 

 

施工前と完工後では一目で違いが分かりますね。
金属屋根を葺くだけでも機能性は十分ですが、今回はカバー工法で既存屋根の上から新たな金属屋根材を被せ張りしているため、既存屋根が遮音材・断熱材として活き、新設した屋根との二重構造で相乗効果を発揮します。

 

スレート屋根の雨漏りも無料調査・無料見積り

今回ご紹介した“カバー工法(重ね葺き)”は、塗装工事に比べると工事費用が高くなるデメリットがある反面、確実且つ長期的に雨漏りを防止し、断熱性や遮音性など、様々な効果を長期的に発揮するため費用対効果を考えると非常にメリットの大きい優れたリフォーム工法です。

 

屋根のカバー工法にご興味がある方、スレート屋根の雨漏りでお悩みの方、お気軽にアメストップまでご連絡ください。
お住まいの屋根の調査~お見積もり作成まで、無料にて誠実に対応いたします。