コンテナハウスの金属屋根を部分修理

施工内容 / 金属屋根の部分修理
場所 / 神奈川県川崎市 高津区,中原区,幸区,川崎区エリア
建物 / コンテナハウス・倉庫

 

倉庫・工場が経年劣化で雨漏り

工場や倉庫の雨漏り相談も多くいただいておりますが、戸建てのお住まいでの雨漏りは、原因が経年劣化・台風被害・施工不良など原因は様々ですが、工場や倉庫の雨漏りは殆どのケースで原因が”経年劣化”であることが多い気がします。

 

ご自宅で雨漏り発生した時には1日でも早く直したいと考えるのが当然だと思いますが、職場となると多少の雨漏りや劣化に気付いていても放置してしまうのでしょうか。それも事務所ではなく倉庫や工場の場合は尚更。。

 

工場や倉庫の雨漏り調査をすると、金属部分が錆びてボロボロ朽ち果てていることや、下地木材が腐食してスカスカになるほどに、劣化が進んでいることが多いです。

 

乗ると抜け落ちてしまいそうで調査時に歩くことすらできない屋根もありますが、そこまで状態が酷いと、部分的な補修・防水・塗装などの工事で雨漏りを止めることは難しく、大掛かりな屋根工事(工事費も相当な金額)が必要になります。

 

散水調査で雨漏り原因を特定

改装したコンテナを使った、オシャレな店舗や事務所など年々増えていますね。
庭にコンテナハウスを置いて趣味用ガレージに♪なんていつかは叶えたいものです。

 

今回はオシャレな美容室の横に置かれたコンテナ倉庫の雨漏りのご相談です。

 

数年前に雨漏りが始まり、近所の大工さんに何度か頼んだけど雨漏りは若干改善しただけで完璧に直らなかったため、ちゃんと雨漏りを視れる専門業者にということでアメストップにご依頼いただきました。

 

室内の雨漏り箇所は、数年前からの雨漏りを完全に止めていなかったため、壁クロスと下地は相当傷んでいました。

 

 

屋根の調査をすると雨漏り箇所の真上だけ、コーキング補修や塗装が施されていました。
仕上がりの見た目は建築素人のDIYかと思いましたm(_ _)m

 

 

コーキングは、上から塗装できないコーキング材(シリコンシーラントなど)が使われていたため塗装も剥がれてしまっていますし、塗装前にケレンや清掃をしていなかったのか仕上がりの状態も悪いです。

 

「近所の大工さんに頼んだけど・・・」というのはよくあるパターンで、大工さんでも建物のことは何でも出来る訳ではないので、やはり専門業者に頼みましょう。
この場合、塗装屋に頼んでいたらこのような仕上がりにはならなかったはずです。

 

仕上がりは良くないにしても、元々あった穴は塞がれているいうことで更にチェックしてみると雨漏りの原因箇所は即発見できました。

 

 

金属屋根の継ぎ目(屋根材の重なり部分)に隙間があります。
この隙間のある位置が屋根中央近く(室内の雨漏り箇所から2メートルほど離れた位置)でしたが、天井裏で雨水が広がり壁際から水が垂れていると考えました。
天井裏の断熱や軽天などを伝って、「室内/雨漏り位置」と「外側/雨漏り原因箇所」の位置がズレていることがあります。

 

「何度か補修してもらったけど直せてもらえなかった経緯もあり、念のために散水調査(有料調査)をして欲しい」とご依頼いただき、その場で散水調査を実施したところ開始5分で雨漏りが再現できました。

 

「原因特定できてホッとしました」とご依頼者様にも安心していただき、後日屋根がちゃんと乾いている時に、金属屋根継ぎ目の隙間を部分修理しました。

 

雨漏りのお悩みは雨漏りのプロへ相談

同じ屋根からの雨漏りでも、塗装屋は塗装工事を勧めて、屋根屋は屋根工事を勧めます。
アメストップでは、屋根工事・塗装工事・防水工事・シーリング工事・板金工事・部分補修など、雨漏り修理に必要な外装改修工事は全て対応できますので、一つ一つの雨漏りに対して適切な修理方法を自信を持ってご提案いたします。
「無料調査・見積もり無料」ですので、雨漏りでお悩みの場合はいつでもお気軽にご連絡ください。

火災保険を使って雨漏り工事が出来るんです。詳しくはこちら

火災保険を使って雨漏り工事が出来るんです。詳しくはこちら