散水調査後にウレタン防水(密着工法)を施工

施工 / 散水調査およびベランダ防水工事(ウレタン防水:密着工法)
場所 / 千葉県 船橋市,浦安市,市川市,習志野市エリア
建物 / 木造二階建て 戸建 住宅

目視調査で原因特定至らず、散水調査を実施

船橋市にお住まいの方から「複数業者に調査してもらったけど雨漏りに原因特定ができず困っている」と雨漏り調査の依頼がありました。木造二階建ての一般的な戸建て住宅でしたが、少し凝った仕上げ材などが使われていました。頻繁に雨漏りしている訳ではないけど大雨の時に天井からポタポタ水が落ちてくるといった状況のようです。

雨漏りしている1階リビングの天井は無垢の木を羽目板張りした仕上げでした。施主様が最初に知人の大工さんへ雨漏りを相談したところ点検口を作ることを提案されましたが、こだわりのある天井に安易に手を加えることは避けたいとのお考えでした。そしてこの雨漏りしている天井の真上に当たる部分は2階ベランダがあります。

このベランダは、立上部分はFRP防水、平場部分はバリキャップのようなシートが隙間なく密着されていました。バリキャップとはマンションの屋上防水(仕様/アスファルトシート防水)で使われる歩行用保護材です。一般住宅のベランダで新築時からこのような仕様になっているのはあまり見かけません。

ベランダの袖壁は窯業サイディングと板金笠木と一般的な造りですが、中央の開口部分には木製の柵が設置されています。

建物全体的に多少の劣化はありますが、目視調査ではコレといった危険個所は見つけられなかったので、施主様と相談し確実に雨漏り原因箇所を見つけるために散水調査を行いました。

散水調査の結果、ベランダから雨漏りしていることが判りました。ベランダから雨漏りするケースでは比較的短い時間で判明しますが、今回の散水調査は半日以上掛かりました。ベランダ仕上げ材に目視では見つけることができない細かい隙間があり、その下の防水層にもクラックなどがあることが考えられ、そのため大雨の時だけ少量の雨漏りをしてしまうと判断しました。
当社の前に調査を行った業者さんには「原因特定できないから外壁塗装・笠木交換・ベランダ防水など複数工事をしましょう」と提案されたとのことでしたが、今回の雨漏りはベランダ防水工事で解決できそうです。

既存防水の仕様を変更・ウレタン防水(密着工法)を施工

ベランダ防水工事を複数パターン提案し、最終的にウレタン防水工事に決まりました。既存のベランダ防水を撤去してから新たに防水工事をすることもできますが、費用・時間を抑えるために既存撤去せず上から新たに防水を被せる工事内容です。今回のケースでは既存撤去しないことにより後々問題が生じることはありません。

まずベランダを清掃してから、カチオンを塗布して下地調整します。

カチオンが乾いてから、下地との密着性を高めるためにプライマーを塗布します。

ウレタン本体の厚み確保(防水層の補強・ヒビ割れ防止など)するために、補強用のメッシュシートを貼りながらウレタンを塗布します。

完全に乾かしてから再度ウレタンを塗布します。どんなに急ぎの工事であっても乾燥時間のインターバルをしっかり設けることが重要で、これは季節や天気・気温によって変わってくるため、こういった防水工事は知識と経験のある専門業者に頼みましょう。
※当社は小さな小さな施工業者ですが、雨漏り調査・屋根職人・塗装職人・防水職人・板金職人・内装職人と各ジャンル専門の職人が在籍しておりますのでご安心ください。

さいごに、滑り止めチップを混ぜたトップコート(紫外線からウレタン本体を守る保護材)を塗布して完了です。防水工事後にタイルやシートなどの床材を敷くことも検討されていましたが、施主様の工事前イメージよりも綺麗な仕上がりということで何も敷かずこのままで大丈夫とご満足いただきました。

 

他のベランダ防水の施工事例は⇒コチラ

 

屋上防水の施工事例は⇒コチラ

 

アメストップではお客様それぞれの事情にあわせて雨漏り解決方法をご提案いたしております。

雨漏りの状況や、建物の状態によって、お客様のご要望に完全にはお応えできないケース(お客様指定の施工内容・費用では対応できない)もありますが、お客様が今後お住まいをどのように計画されているかといった事情まで考慮し、雨漏り修理屋としての知識経験とお客様目線をあわせたご提案を心掛けておりので、雨漏りのお悩みは気軽にご相談ください。

もちろん調査・見積り・ご相談は無料で承っております。

施工実績 料金のご案内 よくあるご質問
施工実績 料金のご案内 よくあるご質問