コロニアル屋根の鳩小屋を部分修理

施工内容 / 鳩小屋(別名/ドーマー、ハト小屋)の部分修理
場所 / 千葉県 松戸市,流山市,野田市,柏市エリア
建物 / 連棟住宅 木造3階建て(タウンハウス、テラスハウス)

天窓や鳩小屋からの雨漏り

鳩小屋(別名/ドーマー、ハト小屋)とは、

 

 

吹き抜けや屋根裏への明り取りや通気目的に屋根に設置された窓付きの小屋です。
同じ目的でトップライト(天窓)の付いたお住まいもありますが、トップライトは屋根と平行に設置、鳩小屋(ドーマー)は窓面が地面に垂直に設置されているという点が特徴です。
吹き抜けやロフトなどで見かけるドーマーですが、構造上、雨風が当たりやすく雨漏りしやすい箇所でもあるため雨仕舞が重要に箇所です。

 

今回の雨漏りは、リビングの明り取りから雨漏りだったため、真っ先に鳩小屋からの雨漏りを疑いました。

 

 

屋根を調査すると以前の他業者さんによって補修された形跡を発見、その補修箇所が劣化していました。

 

 

念のため屋根全体の調査し、雨漏りの状況からしても「鳩小屋の壁面」が雨漏り原因箇所という判断に。

 

 

雨漏り箇所とは別の場所でも、ひどく劣化した箇所があったため写真を撮りご依頼者へ調査報告、
屋根の上で普段見ることができない場所だったので他にも傷んでいる箇所があることに驚かれていました。

 

複数の修理方法を見積りして欲しいとご要望いただいたので、
①:ドーマー含めた屋根全体のカバー工法
②:ドーマーの壁面部のみをカバー工法、または板金取り付け
③:前業者と同じく、シリコンによる部分的な補修
このようなご提案をいたしました。

 

費用・耐久性は、①>②>③の順にアップします。

 

当社アメストップの判断では、築年数や傷み具合を考慮すると塗装による雨漏り修理はお勧めしません。
長期的に考えても、カバー工法や板金工事でしっかり直すことをお勧めします。

 

上記①②は当日施工が難しいため、まずは見積りを作成することに。
さらに「最近は雨が降ると頻繁に雨漏りするし、今夜も雨予報だから…」ということで、応急処置として部分修理も行いました。

 

 

部分的なコーキングだけでこの先何年も雨漏りを防ぐことには不安がありますが、見積りを検討する間の応急処置としては問題ありません。

 

部分修理・補修の注意

雨押え、水切りなど雨仕舞に重要な板金が絡む箇所では、むやみにご自身によるDIYや専門外の業者によるコーキング補修は避けた方が良いと思います。
こちらのお住まいでも、前業者による部分修理で水切りがシリコンで埋められてました。本来あるべき排水機能(雨仕舞)を潰すことは雨漏りを悪化するリスクがあります。

 

数か月後、ドーマーの部分修理後に雨漏りしないことを確認し、当社アメストップの調査・施工を信頼していただけたそうで、板金設置をご依頼いただきました。
この板金工事は施工完了後にあらためて報告いたします(^^)v

 

アメストップではお客様それぞれの予算やお住まいの計画、ご要望に応じて、複数のご提案をいたします。
もちろん、部分修理では対応できないケースも多々ありますが、そのような場合でもリスクや別の修理方法などを丁寧に説明させていただきますので、お気軽にご相談ください。