コロニアル屋根の部分修理

施工内容 / コロニアル屋根(別名/スレート、カラーベスト)部分修理
場所 / 千葉県 千葉市,市原市,袖ケ浦市,木更津市エリア
建物 / 戸建て 木造2階建て

 

木造2階建てのコロニアル屋根から雨漏り

千葉市で木造2階建て住宅の雨漏り調査です。こちらのお家では、雨が長時間降ったときや大雨のときに2階の子供部屋の天井で雨漏りするということでご依頼いただきました。

 

雨漏り箇所のすぐ真上が大屋根だったため、屋根からの雨漏りと判断しさっそく大屋根の調査を開始。

 

大屋根に上がる途中、玄関庇パラペット(瓦棒葺き=金属屋根)のサビ、外壁に大き目のヒビを見つけました。

 

ところどころ錆が浮いてきてます

 

そこそこ大きめのクラック

 

長年ノーメンテナンスで、壁のクラックや塗装の劣化箇所などを見て見ぬフリをしていたと言うことです。
分かっちゃいるけど中々ねぇ・・・という人は結構多いですよね(^-^;

 

屋根に上ると、コロニアルの塗装が剥げた箇所も多く、コロニアル本体も反りや割れがありました。

 

 

コロニアルの部分修理は根本解決しない?

今回は施主様より、初回のお問い合わせ時点で、
・火災保険代行業者とトラブル中で火災保険等は使えない
・費用的に葺き替え工事など大掛かりな修理はスグに頼めない
・できれば部分修理で低価格&即対応して欲しい
このようなご要望をいただいてました。

 

屋根からの雨漏りは、様々な原因とそれに応じた修理方法がありますが、表面に見える屋根本体や役物だけではなく、屋根材の下に敷かれたルーフィング(=屋根下葺材・防水シート)も劣化や損傷があり、雨を通してしまっているなどの問題が起きている可能性が高いです。

 

今回の雨漏りも例外ではなく、コロニアルの劣化だけが雨漏り原因ではなく、ルーフィングにも問題があると考えました。

 

この場合、雨漏り箇所付近のコロニアルを数枚交換しても雨漏りは解決しません。

 

※台風や強風でコロニアルが破損した場合には、破損~飛散した箇所だけをピンポイントで修理することは可能です。また火災保険の対象事例のため、気付いたら悩んだり放置せずにすぐご連絡ください。

 

またコロニアルの継ぎ目(上下の重なり合った部分・左右の数ミリの隙間)をコーキングで埋める等は逆効果で、さらに雨漏りを悪化させてしまいます。

 

屋根が部分的に破損してるわけではなく全体的に同じように劣化していること、リフォーム歴、築年数などを考慮すると本来であればカバー工法や葺き替え工事をご提案しますが、施主様の事情で本格的な工事は直ぐには出来ないということで、別の方法を検討しました。

 

コロニアルの部分修理・応急処置

今回の雨漏りのポイントとして
・室内で確認できる雨染みが一か所に集中している(屋根裏には行けず室内から確認)
・屋根には雨漏り箇所付近だけに目立つ破損があるわけではない(全体が同じように劣化)
・隅棟の板金(=棟包み)とコロニアルの隙間が広く、板金を固定する釘も浮き始めてる

 

このような状況だったので、
「隅棟とコロニアルの隙間をコーキングし、隅棟への雨水侵入を防ぐ」といった修理方法をご提案いたしました。
天井に点検口を設置したり、散水調査(有料調査)するよりも安価且つ即対応可能です。

 

 

但し、コロニアルの下側から回ってくる雨水までは防げないので、完璧な補修方法とは言えません。

あくまで「最安値&即対応」にこだわった応急処置です。

こういったリスクもしっかり説明した上で、施主様より修理依頼をいただきました。

 

 

※仮に隅棟に雨水が侵入した場合でも、しっかり排水されるように補修する範囲や打ち方は工夫してます。屋根へのコーキングは雨漏り悪化のリスクを伴うのでDIY修理はお勧めしません。

 

コロニアルの応急処置・部分修理した結果は?

2019年の春に部分補修をしましたが、あれから1年以上…雨漏りは再発してないそうです。
去年の大型台風の時も無事だったということで安心しました。

 

応急処置のまま1年以上経過したこともあり、やはり台風シーズンになると心配になってしまうということで、このたびカバー工法&外壁塗装についてご相談をいただきました。

 

雨漏り修理アメストップでは、リフォームローンをご検討の場合、
・ローン申し込み時の見積り・現調写真
・融資実行前に銀行へ提出する請求書・施工報告写真・再発保証書
こういった必要な書類をご用意いたしますのでお気軽にご相談ください。